本物のジュエリーを|変わらない愛を伝えたいなら婚約指輪を渡そう
夫婦

変わらない愛を伝えたいなら婚約指輪を渡そう

本物のジュエリーを

ハート

カットの違いを知る

婚約、結婚指輪を送るとき、女性にとっては一生もののジュエリーになることがほとんどですので、しっかりとした知識をもって選びたいものです。ラザールダイヤモンドはニューヨークの老舗で大変人気のあるジュエリーブランドです。ラザールダイヤモンドは、世界三大カッティングブランドと呼ばれ、ダイヤモンドを原石から磨き、カッティングする技術が最も優れているブランドの1つといわれています。ダイヤモンドモンドは重さや色や透明度とともに輝きが価格を決める重要な点となっています。予算内で決めようとなると、ダイヤモンドの大きさやデザインに目がいきがちですが、カッティングの違いはそれ以上にダイヤモンドを輝かせ印象付ける効果があるので、指輪を購入するときはカットについても知っておきましょう。

ダイヤモンドの知識

ダイヤモンドは婚約、結婚指輪で選ばれることが多いですが、地球上の鉱物の中で最も硬いのがダイヤモンドです。ラザールダイヤモンドで指輪を見ると、その透明な輝きはどんな宝石よりも素晴らしく輝いて見えます。ダイヤモンドを購入するときに正しい知識を情報収集をし、価格にみあう宝石を購入したいものです。まず、カラットですが、0.3カラット以上が結婚婚約指輪のサイズとしてはふさわしいです。色ですが無色透明のGカラー以上を選び、透明度のレベルはVS2というランク以上をお勧めします。ラザールダイヤモンドで知られる、カッティング技術ですが、エクセレントグレードが基本の基準になっていますので、基本知識として覚えておくと、指輪選びの際の助けになります。